【まじめもふ闘戦記】「邪蒼鎧デルメゼ」と戦ってみました!

11月18日(水曜日)に実装された「邪蒼鎧デルメゼ」ですが、ひとまず戦ってきました!

「強さⅠ」ですが、ざっと見た印象など報告してみたいと思います!

スポンサーリンク




■欲しい耐性

転びガード・おびえガード(ブレスガード100%の場合は不要です)・ブレスガード・呪いガード・混乱ガード・幻惑ガード です。

赤い文字はかなり重要度が高い耐性だと思います。

混乱・幻惑ガードについては魔蝕の状態異常なので回避すると仮定して装備せずその分HPを高く設定される方が多いようです。

レンジャー入りのPT構成も流行していまして、その場合は「まもりのきり」でブレスを防ぐことができるのでブレスガード・おびえガードも不要だと思います。

■注意したい攻撃

・コールサファイア

サファイアボムをいくつか召喚します。サファイアボムは2分くらいで自動的に爆発するか、もしくはデルメゼの範囲攻撃で誘発されて爆発します。

爆発に巻き込まれるとザオトーン・スタン(耐性で防ぐことはできませんでした)・ダメージを食らってしまうので要注意です。

わざとデルメゼの範囲攻撃をサファイアボムに当てて爆発のタイミングをコントロールしてサファイアボムの数自体を減らして行く作戦が主流のようです。

・ジャッジメントブルー

PTメンバー全員に300×2くらいのダメージです。対象+範囲の攻撃なのでメンバー同士が近くにいるとお互いにダメージを与えあってしまって壊滅します。

吹き出しに「ジャッジメントブルー」と表示されたらすぐに散会した方が良いです。

ちなみにサファイアボムの近くで食らってしまうとにダメージを合計4回食らってしまうこともあるので注意が必要です。(特にヒーラーはベホマラーを合わせたいのでサファイアボムの近くでジャッジメントブルーを受けるのは本当に危険です)

注意したいのはデルメゼは「分散する災禍」も使用するので極端に離れすぎると今度はこちらでやられてしまう可能性もあるのでご注意を!

・ターコイズブラスト

周辺範囲にダメージ+感電してしまうので危険な攻撃なのですが(強さⅠだけの可能性もありますが)ターンエンドでのみ使用していました。

ターンエンド直前くらい(10秒程度)まで壁をして引っ張って、わざと攻撃を食らって、この攻撃を誘発して回避するという作戦が主流のようです。

逆にこの攻撃は絶対に食らってはいけない攻撃なので(これを食らうとターンに余裕が全くなくなるので討伐が非常に困難になります)少し大きく扱っています(笑)

・ファイナルレイ

直線範囲攻撃です。当たり判定が2回あるので食らうとほぼ倒されてしまうので絶対に回避しなければいけない攻撃です(横方向に動くと回避できます)

・絶対零度&ダークネスブレス

どちらもかなりの威力なので対策をしていないとほぼ倒されてしまいます。

ダークネスブレスには呪い・幻惑の追加効果もあるので要注意です。

・ファントムポール&コバルトウェーブ

高威力な多段攻撃(対象+範囲)です。HPリンクなどの対策をして一人受けをしないとほぼやられてしまいます。(HPをしっかりと盛ってファランクスでギリギリ耐えていました)

・分散する災禍

ジェルザークでも猛威を奮ったアレです!受けた人数でダメージを割るので集まって受けないと危険です。

・レプラコーンコード

対象+範囲にダメージ(HPリンク等がないと倒されてしまうくらいのダメージでした)+小人化 です。

小人化は時間の経過で回復するのを待つか、どうぐ使いの「プラズマリムーバー」で回復するのかのどちらかで対応されているようです。

今回のPT構成ではあまり見かけることはありませんが、旅芸人のエンドオブシーンでも回復することは可能です。

・回避すべき攻撃・一人受けすべき攻撃・集まって受ける攻撃など対処方法を覚えるのが少し大変な印象です。

現状ではこれらの回避方法がしっかりと出来ていないと討伐は難しいので、ひとつひとつ丁寧に覚えて慣れて回避した方が良いと思います。

(ある程度慣れるまで僕は食事3~4食分は掛かりました・・・)



■PT構成

まもの使い(ムチ装備)・賢者・中衛職 のPTが主流となっています。

まもの使い2・レンジャー・賢者 構成がブレスを無効化できるということで人気のようですね。

さらには「レボルスライサー」「ケルベロスロンド」「サマーソルトクロー」などで与えるダメージを加速することができます。

まもの使い2・どうぐ使い・賢者 構成が続いて人気のようです。

どうぐ使い構成のメリットは感電や小人化などの状態異常を「プラズマリムーバー」で回復できる点だと思います。

加えてガジェット零式やブーメラン特技「レボルスライサー」でダメージを加速させることができます。

僕が見聞きした範囲では現状このふたつのPT構成がほとんどのようです。

ただし・・・僕の体感ではどちらの構成もかなり難易度が高いので(このボス自体の難易度が高い?)この構成が正解かどうかは判断に困っているところです。

■おわりに

緑玉募集でPTメンバーを集めて戦ったのですが、かなり苦戦しました。

たまたまとても上手な人たちとPTを組むことができて、なおかつみんな粘り強く(食事4~5食分くらい?)がんばって何とか勝つことができました。

しかし・・・とても難しかったのでさらに戦いやすいPT構成があるのでは!?なーんて思ったりもします。

より一層練習を重ねつつ、もう少し戦いやすい作戦はないのか試行錯誤してみたいと思います。


ドラゴンクエストXランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。