【防衛軍】蒼怨の屍獄兵団で有効な特技&宝珠たち!

こんばんは!

今日もアストルティア防衛軍でどっぷりと遊んできました!

ところで「蒼怨の屍獄兵団」でとても役立つ普段はあまり使うことのない特技があることはご存知でしょうか?

今回はそれらの特技をより効果的にできる宝珠を紹介してみたいと思います。


ドラゴンクエストXランキング

スポンサーリンク




アストルティア防衛軍でよく「おたけび」や「ボケ」をしている方を見掛けませんか??

もしくは、けさぎりクロークの猛攻に困らされたことはありませんか?

実は「蒼怨の屍獄兵団」のほとんどの敵には「おたけび」や「ボケ」が有効です。

特に討伐で結界を守る占い師さんはこれらの特技を駆使して必死に守っているそうです。

そんなとても有効な特技「ボケ」と「おたけび」ですが、宝珠を入れると大きく成功率が上がります。

という訳で、今回のこれらふたつの宝珠の入手方法を紹介してみたいと思います。

おたけびの技巧の宝珠です。

飾り石込みで最大27%も成功率が上がります!

短剣やムチなどスキル等の効果で状態異常成功率が上がっていたりするとさらに高確率で成功すると思います。

さて!この「おたけびの技巧」をドロップするモンスターですが、フォレスドン・ずしおうまる・ベルフェゴルなどが落としてくれます。

その中で僕のオススメは「フォレスドン」です。

具体的な理由は後ほど!

フォレスドンと戦う場所は・・・独断と偏見で恐縮ですがギルザッド地方です(笑)

ええ・・・僕はギル丼派です。

メガルーラストーンで「入り江の集落」から行くと近いです。

人によっては、サーマリ丼派の人もいるかもしれませんね!

戦ってみると意外とシンボルが分散していて、なおかつシンボルの復活も少し時間がかかっていたので、まもの使いで「エモノ呼び」をした方がより効率良くたくさんのフォレスドンと戦うことができると思います。

フォレスドンが僕のオススメの理由は・・・

先日も取り上げましたが白宝箱で「ブルームシールド」が入手できる可能性があるからです。

光る白宝箱が出てきたらとても嬉しい気持ちになれます!!

今回は、光る白宝箱どころか白宝箱すら出てきませんでしたが・・・(笑)

続いて、ボケの技巧の宝珠です。

こちらも「おたけびの技巧」の宝珠と同様に

飾り石込み最大で27%も成功率が上がります。

「ボケの技巧」の宝珠をドロップするモンスターは、キラージャック・ベビーサタン・亡者のひとだま です。

その中で僕のオススメはベビーサタンです。

あまり強いモンスターではないので戦いやすく、シンボルも安定して多数あるというのが理由です。

ベビーサタンは偽りのセレドット山道にたくさん生息しています。

ただし、1度のエンカウントで1~2体しかエンカウントせずHPも低いモンスターなので、宝珠の香水等を使用して効率良く宝珠を手に入れたい場合はまもの使い「エモノ呼びの咆哮」を使用した方が良いと思います。

ちなみに偽りのセレドット山道へはメガルーラストーンで「偽セレドの町・入口」から行くと近かったです。

 

実際の戦闘では、成功の後にテンションの上がる「ボケ」、発動の早い「おたけび」を使い分けることになると思います。

ブーメランスキルの「デュアルブレイカー」などで状態異常が入りやすい状態などだとさらに成功率が上がります。

これらの特技の成功率を上げるために「蒼怨の屍獄兵団」討伐PTの占い師さんはムチを装備して、160~180スキルの「状態異常成功率」を活用しているようです。

 

今日も時間の許す限り「蒼怨の屍獄兵団」で遊んできました。

僕は緑玉を出していて誘われた先のPTが「とにかく明るく陽気」なメンバーさんばかりでした!

僕は例のごとく魔法戦士で戦ったのですが、アイテムの「猛攻の書」どうぐ使いさんの必殺技「ガジェット零式」などが発動すると・・・皆さんとにかく騒ぎます(笑)

上の画像のように「うおおおおおおお!」とか叫んでいました!

時々結界が守り切れなかった時もあったのですが、そんな時でもみんなで大騒ぎです(笑)

そんな感じで「蒼怨の屍獄兵団」の2時間がアッと言う間に過ぎてしまいました!

 

僕もあのPTのメンバーさんたちのように、PTの雰囲気を大切にできる「とにかく明るいまじめもふ」でいれたらいいなぁ・・・などと思いました。

明日も「蒼怨の屍獄兵団」に遊びに行くと思います。

明日はどんな戦いになるのかとても楽しみだったりします!

もしも緑玉で見かけたらどうぞお手柔らかに(笑)

 


ドラゴンクエストXランキング




コメントは承認制となっており、反映にお時間をいただいております。

ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。