【まじめもふ防衛軍】高速鉄機兵団周回と伝説の盾!

今日は「紫炎の鉄機兵団」の高速周回と「蒼怨の屍獄兵団」の周回に参加してきたのですが、びっくりするような出来事があったので紹介してみたいと思います。

まさか僕の身にあんなことが起きるとは・・・


ドラゴンクエストXランキング

スポンサーリンク




紫炎の鉄機兵団の高速周回に参加してきました。

PT構成は

バトルマスター4・どうぐ使い2・魔法戦士2

でした。

バトルマスターさんは「両手にはやぶさの剣改を装備」している人が3人と「開幕だけハンマー→両手にはやぶさの剣改を装備」が一人でした。

道具つかいさんは「ブーメラン→やり」・「やり→ブーメラン」

魔法戦士さんは「はやぶさの剣改装備」

ベルトは各装備する武器の雷ダメージ〇%アップを全員が装備していました。

結界を守る人がいないので、約2分以内にボスの「紫炎の滅機将シュバ」を倒さないと防衛失敗になります。

時間的にかなりシビアなので雷ベルトは必須のようです。

開幕「ハンマーを装備している」バトルマスターさんは魔法戦士さんからバイキルトをもらいつつ他の事はせずに北上しました。

このバトルマスターさんが先行して、他のメンバーが後ほど特技「ツッコミ」で追いかけました。

残りのバトルマスターさんは最初に出現するモンスターだけ倒して北上します。

道具つかいさん・魔法戦士さんはバフを整えたら北上します。

大砲の着弾スペースのちょっと北くらいに一旦全員立ち止まってクロックチャージを受けてバトルマスターさんはテンションバーンを使用して攻撃体制に入ります。

ボスの「紫炎の滅機将シュバ」と対峙したら

1、ブーメラン装備の道具つかいさんがデュアルブレイカー

2、やり装備の道具つかいさんが武神の護法

3、魔法戦士さんがフォースブレイク

4、バトルマスターさんがプレートインパクト

5、魔法戦士さんが回復ドリンク

この前後でバトルマスターさんたちははミラクルブースト、道具つかいさん・魔法戦士さんの必殺技、チャンス特技が来ていたら使いました。

このあたりは状況次第なので流動的にその場ごとに順番は前後していました。

そしてブーメラン装備の道具つかいさんが「レボルスライサー」・ヤリ装備の道具つかいさんが「ジゴスパーク」を使用したタイミングで全員CT特技を使用して一気に削ります。

ちなみに最初にフォースブレイクした魔法戦士さんは回復ドリンクを使用して、道具つかいさんが「メディカルデバイス」を使用して攻撃し続けることが出来る体制を作ります。

この状況ではダメージがかなり伸びているので通常特技を使用すると1999でダメージが止まってしまうので使用しません。ですので、CT特技を使い切ったらはやぶさの剣改で通常攻撃をします。

「紫炎の滅機将シュバ」の属性耐性ダウンが終わったら、

もう一人の魔法戦士さんがフォースブレイク

道具つかいさんが武器を持ち替えて「ジゴスパーク」

道具つかいさんが武器を持ち替えて「レボルスライサー」

をして、ひたすら削り続けます。

 

こんな流れで平均1分40秒くらいが平均討伐タイムでした。

勝率はPTリーダーさんが82%と言っていました。

PTリーダーさんはぼちぼちの勝率と言っていましたが、個人的にはかなりの高い勝率だったように感じました(笑)

素材がたくさんもらえてホクホクです!

僕は腕前は別にして、アストルティア防衛軍はかなり好きで実は4キャラ「大元帥」がいます(笑)

討伐は主に要求スペックの高くない魔法戦士で行っているのですが、今日はそんな他のキャラのフレンドさんとPTを組んで「蒼怨の屍獄兵団」に挑んできました。

最後までそのフレンドさんは僕が誰なのか分かっていなかったようですが(笑)

後日見掛けたらお礼を言おうと思っています。

そのフレンドさんはかなりの上級者で「蒼怨の屍獄兵団」も安定して6分くらいで周回する人です。

ありがたく楽しい時間を過ごさせていただいたのですが、事件はその後の報酬交換の時に起こりました・・・

まさかの伝説の盾です!!

いつかこんな盾が入手できたらいいなぁ・・・と思い続けてずっと通い続けていたのですが、まさか今日出会えるとは思っていませんでした。

「感謝のメカバーン討伐1万体」なども経験して(笑)やっと手に入れることの出来た大切な大切な伝説の盾です。

これから末永く大切に使って行こうと思っています。

 

ちなみに体上の風耐性14%を衝動買いして、同盟バトルの「ダークドレアム」に突撃して、なおかつグランドクロスを1回しか使われなかった(しかもかなり遠くで)のは僕の胸の中でひっそりと思い出にしたいと思います(笑)


ドラゴンクエストXランキング




コメントは承認制となっており、反映にお時間をいただいております。

ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。