【まじめもふ闘戦記】本当に1ですか??聖守護者の闘戦記

4月12日11:00より、聖守護者の闘戦記がスタートしました!

冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガストの組み合わせです。

今日は最弱の1ということで、最近の常闇の傾向から考えても

1なら勝てる!

という気持ちで乗り込んだもふでしたが・・・


ドラゴンクエストXランキング

スポンサーリンク




えっと・・・本当に1ですか???

驚くほど強いのですが??

最弱の1だし、ソロサポ攻略出来るかな??くらいに考えていた僕の思惑は開始3分で脆くも崩れ去りました・・・。

とても2体同時に戦える気配はありません。

ということでパラディンを入れて2体を隔離して戦ってみましたが、次は削り切れません・・・。

 

ちなみに必要な耐性は

おびえ・混乱・ブレス・呪い・幻惑でした。ブレスガードは滅却でブレス無効に出来る60%以上が望ましいです。

そんな考えが頭をよぎる中、どんな構成が流行っているのか調べてみました。

戦士2・天地雷鳴士・僧侶

戦士2・道具使い・僧侶

戦士・天地雷鳴士2・僧侶

などの構成が流行っていました。どうやら隔離だと時間的に間に合わないようでした・・・。

そこまではパラディンで戦っていましたが、諦めて僧侶で戦うことにしました。

僕は戦士2・天地雷鳴士・僧侶(僕)で戦いました。

慣れるまでは4人で立っている事さえ難しいです。

何度か戦っているうちに倒れる回数は減ってきます。コツとしては・・・

フバーハ維持でブレス無効状態を保つ

・自分自身が倒れてしまわないように聖女をキープする

・シールドブーメラン、シャドウウィスパーなどの避けることの出来る範囲攻撃は全力で回避する

真・やいばくだきは可能な限り切らせないようにCTが貯まるごとに、戦士さん同士で担当などを決めて打ち込む。

・危ういと思ったら「げんま開放」を使用して事故を防ぐ

などでしょうか。回復とフバーハ維持などは天地雷鳴士さんが召喚するカカロンが補助してくれるので、重複してしまわないように注意しましょう!

 

今回取った作戦は

1、獣魔ローガストを名前が赤くなる(HP75%以下)まで削る(魔蝕を使ってきてくれるのでボーナスターンが増えます。ただし食らってしまうと大ダメージなので全力回避で!!)

2、冥骸魔レギルラッゾを倒す。

名前が黄色(HP50%以下)になると獄門クラッシュを使用してきます。食らうと基本的に一撃で倒れてしまうダメージを食らいます。ジャンプで回避できますので目を離さないようにしましょう!ちなみにホップスティックで回避することも出来ました。

同じく名前が黄色くなると闇の流星を使用してきます。キラキラポーンの掛かった状態でも感電はしてしまうので、闇の流星で狙われた人は必ず1人で受けるようにしましょう!

3、両方を倒します。

ちなみに1体倒してもダメージを受け付けない「魔想念」として戦闘に残ってこちらを今までと同じように攻撃してきます。

片一方だけ倒しても戦闘自体はラクにはならないので要注意です。

かなり苦労しましたが、何とか勝利することが出来ました。

今回は緑玉募集でたまたま集まった4人でしたが、みなさんとても上手で途中からは「範囲攻撃?ラッキー!」という勢いで回避されていました(笑)

PTメンバーにも恵まれた勝利でした!本当にありがとうございました!

本当に今日の強さは1なのか???と疑ってしまいそうな強さでした!

実際に運営に「強さは本当に1??」という問い合わせもあったそうです。その問い合わせをされた方の気持ちも激しく理解出来ます・・・。

ちなみに冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガストに勝利してユリエルさんに話掛けると称号が獲得できます。

青い背景の称号なのが少し気になりますが、今日のところは大満足です!

まぁ・・・2以上の強さには勝てる気が全くしませんが・・・。

明日もがんばろうと決心したもふでした!

 


ドラゴンクエストXランキング




コメントは承認制となっており、反映にお時間をいただいております。

ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

“【まじめもふ闘戦記】本当に1ですか??聖守護者の闘戦記” への2件の返信

  1. 昨日はPTありがとうございました!
    あのまじめもふさんとは気づかずにお誘いしてました(^^;)
    記念撮影でブログ掲載のこと言われてやっと気付きました。無名ブロガーと謙遜されてましたが知ってましたよ!ほんと!笑
    勝てたし載せてもらって記念になって私も大満足です!ありがとう!
    また遊びましょう!

    1. コメントありがとうございます!
      そして昨日は本当にありがとうございました!
      おかげさまで今日の記事ではピース写真を出すことができました。勝利したときの戦いの皆さんの集中力にはただただ驚くばかりでした。ひょいひょいっと範囲攻撃を回避して僧侶の僕は完全に見ているだけでしたよ(笑)
      これからも地味ながらも色んな場所へ行って遊びたいと思っていますので、タイミングが合えばまたご一緒しましょう!
      これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。