【まじめもふ闘戦記】キラパンの役割!

僕にはある疑問がありました。

聖守護者の闘戦記の「つよさ3」での戦いなのですが、世間一般的には「キラパン入りの方がラク」と言われていますが、僕の感覚では「人間4人の方が戦いやすい」という認識でした。

人間はジャンプもしますし、範囲攻撃も回避します。

キラーパンサーは絶対に回避してくれない「狂い裂き」、必ず当たってしまう「獄門クラッシュ」があります。

(注意)「強さ3」の聖守護者の闘戦記で、キラーパンサー・僧侶・天地雷鳴士・占い師構成で戦う事を想定した記事です。

僕は占い師で戦ったので、占い師目線での記事になっていると思います。ご容赦のほど宜しくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング

スポンサーリンク




逆でした!

というのも、絶対に避けてくれない攻撃=ロザリオや聖女の守りが発動しない限りは必ず倒れるということです。

先読みでザオラルや「運命」「審判」のタロット、せかいじゅの葉で蘇生することが出来るという事です。

そしてキラーパンサーはコマンド入力時間もなく、すばやさも高いのでいかなる状況でも復活したのちに必ず数発は相手に攻撃を入れます。

キラーパンサーには「ひきよせのすず」を装備してもらいます。

これでよく倒されてしまうキラーパンサーが誕生します。

もちろん僧侶さんも聖女の守りなどでケアをしますが、いかんせん「ひきよせのすず」でタゲを集めて、何より相手はあの強力な2体です。

立ち続けていられるはずがありません。

そこで、PTメンバー内でキラーパンサー蘇生行動の優先順位を上げます。

天使の守り・げんま召喚・僧侶蘇生の次に優先してキラーパンサーを蘇生します。

キラーパンサーが蘇生されて無敵時間にタゲを集めて相手の行動ターンを奪い取る作戦です。

序盤戦は特に、キラーパンサーが奮闘している間に天地雷鳴士さんが可能な限り獣魔ローガストを中心に削ります。

獣魔ローガストが残りHPが75%未満になって魔蝕を使用し始めるまではとにかく蘇生行動を優先して、隙を突いて獣魔ローガストを削る戦いになると思います。

特に注意したいのは本来蘇生行動をするであろう僧侶さんが天使を切らせている状態・シャドウウィスパーを食らってしまった状態は赤信号です。

僕の場合は僧侶さんがそういう状態では、基本的に蘇生待機です。

当然不可抗力で僧侶さんがそういった状態になることは多々あるので、いかにケアするのかが命運を握っていると思います。

獣魔ローガストが魔蝕を使用し始めたら、攻撃ターゲットを冥骸魔レギルラッゾに切り替えて本格的に削りに掛かります。

ここからは回避出来る範囲攻撃が増えてくるので、キラーパンサーのケアを忘れないように、全力で削っていきます。

キラーパンサーを中心に離れすぎないように、こちらの範囲攻撃が出来るだけ獣魔ローガスト・冥骸魔レギルラッゾ両方に当たるようにします。

冥骸魔レギルラッゾがHP50%未満(名前が黄色)になったら「フワフワわたアメ」を食べてジャンプしながらコマンド決定をして「獄門クラッシュ」対策をしていれば、ほぼ一方的に攻撃できるのではないかと思います。

(避けることのことの出来る範囲攻撃を回避していれば、僧侶さんとカカロンの回復行動でほぼ回復・蘇生は足りる状態という意味でです)

 

1記事では書ききれない情報量でした(笑)

また近日中にもう少し詳しい内容の記事を書けたらいいなと思っています。

 

最後にこの作戦はあるふたりのプクさんのセリフから大きなヒントを受けています。

熊型プクさんG氏は言いました「おとり作戦」

蜜蜂型プクさんH氏は言いました「キラパン見守り隊」

言い得て妙です!

 


ドラゴンクエストXランキング




コメントは承認制となっており、反映にお時間をいただいております。

ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

“【まじめもふ闘戦記】キラパンの役割!” への2件の返信

  1. うちの自称神僧侶もキラパンがいた方が軸になるしやりやすい、と言ってました。
    キラパン引き寄せで他は全て魔除け。
    キラパン中心の位置どりを意識して、とにかく僧侶から離れすぎないよう立ち回りました。蘇生かなり早かったなぁ
    ちなみに天2キラパンです。

    まあ調子に乗ってるけど上手いのは事実だし、ある意味僧侶冥利に尽きるのかな?
    本人もめちゃ喜んでいましたよ^_^
    今度紹介します(笑)

    1. その僧侶さんはかなりの腕前の方なのですね!
      僕も元々僧侶の人ですが、強さ3で蘇生補助職(占い)がいないと戦闘維持していける自信は全くないです(笑)
      いつか共闘する日がとても楽しみです!

      僕も最初はキラパンは「削ってもらうため」に入ってもらうのだと思っていましたが、実際は「天地さんが打ち続けるため」だと気付いてからは劇的に戦闘のリズムが良くなったように感じました。
      今日もタロットデッキを調整しつつ、周回などしてみたり僕の戦いはまだまだ続きそうです(笑)
      それではまたアストルティアで突然声を掛けます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。